商品案内

企業経営

朝日新聞デジタル
  1.  岐阜県大垣市で生後3カ月だった長男(5)を揺さぶり脳に重いけがを負わせたとして、傷害罪に問われ、一審で無罪となった母親(27)の控訴審が15日、名古屋高裁で始まる。けがの原因をめぐり、検察側・弁護側双方の専門医の見解が争われる可能性がある。

     一審・岐阜地裁判決によると、長男は2016年5月、自宅アパートで負傷。頭部に硬膜下血腫、眼底出血、脳浮腫の3症状があった。これらは「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の典型とされ、検察側は、母親が激しく揺さぶったことが原因と主張した。

     弁護側は、硬膜下血腫はソファから落ちたことが原因で、他の2症状も落下後の心肺停止などで起きたとする脳神経外科医の見解を柱に無罪を主張。地裁は「けがを揺さぶりによるものとするには合理的疑いが残る」と述べ無罪とした。

     一審で脳神経外科医でない医師の鑑定書を出した検察側は、控訴審で、長男の首付近に強く揺さぶられることで起きる血腫があったなどとする脳神経外科医鑑定書の証拠採用を求め、暴行があったと主張するとみられる。

    検察「安易に考えていた」 プロジェクトチームで検討

     乳幼児の頭のけがの原因が暴力的な揺さぶりかどうかが争われた事件では、近年、無罪判決が相次いでいる。弁護士らでつくる「SBS検証プロジェクト」によると、この7年間で少なくとも15件にのぼる。

     母親の弁護を務める神谷慎一…

    この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

    残り:645文字/全文:1233文字

    Adblock test (Why?)

  2.  埼玉県は13日、県が開設している高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種会場(さいたま市浦和区)で、60代の男性1人に空の注射器で注射してしまった、と発表した。空気0・2ミリリットルが体内に入ったが、男性の体調に異変はないという。

     県によると、13日午前、看護師が男性に注射している最中に、ワクチンが入っていないことに気づいた。この日は午前中に840人への接種が予定されており、看護師6人が朝に注射器を準備。ワクチン1瓶から注射器10本に0・5ミリリットルずつ入れることになっていたが、注射器1本分が瓶に残っていたという。

     県は再発防止のため、ワクチンを注射器に入れる際に複数の看護師で確認するとともに、接種時にも再確認することにした。(岡本進)

    新型コロナウイルス最新情報

    Adblock test (Why?)

  3.  埼玉県は13日、新型コロナウイルスに感染していた50代男性1人と90代女性1人が死亡したと発表した。県内で確認された死者は計817人になった。県内でこの日、新たに発表された感染者は65人。内訳は県32人、さいたま市12人、川口市11人、川越市6人、越谷市4人。感染者は延べ4万5056人になった。

     また、越谷市は、12日にクラスター(感染者集団)が発生したと公表した障害者支援施設は「こしがや希望の里」(同市向畑)だと13日公表した。新たに入所者1人の感染が判明し、同施設関連の感染者は計11人になった。

    新型コロナウイルス最新情報

    Adblock test (Why?)